仮想通貨 ゼロから解説

仮想通貨 まだ知らない人に向けてゼロから解説

仮想通貨って何?

仮想通貨 まだ知らない人に向けてゼロから解説

 

仮想通貨

 

言葉の意味として連想されることは実態がないということでしょう。

 

イメージしてほしいのはnanakoカードやsuicaカードなど実際、買い物をするうえで現金を支払わない決済です。

 

仮想通貨は現金を支払うのではなく、それぞれ個人の携帯などでウォレットという銀行口座みたいなものを持ち歩いて支払いなどを行います。

 

今は投資対象としてみている人が主ですが、これから日本でも決済手段として普及してくるのんではないでしょうか。

 

仮想通貨の始まり

 

 

仮想通貨はsatosi nakamoto(ナカモトサトシ)と名乗る人のインターネット上の論文が始まりとなっています。

 

この人がどんな人なのか誰もわからないというのも今では有名な話です。名前は日本人っぽいですよね。

 

ここで世界初、ビットコイン決済の有名な話を紹介しましょう。

 

時は2010年5月22日

 

フロリダに住んでいるプログラマーが二枚のピザと10000ビットコイン(今では10億円以上の価値)の取引を試みます。

 

ピザ屋はその取引に応じ、初めてビットコインと物との取引が成立しました。

 

仮想通貨 まだ知らない人に向けてゼロから解説

 

このようにシステムに価値があると認められることで値段が付きます。これが投資対象となった始まりです。

 

さて、次にビットコインが大きく価格を上げたのは、2013年に起こったキプリスショックです。

 

ギリシャの財政危機(キプリスショック)によって、銀行には預金を引き出そうと長蛇の列になり銀行が休業

 

引き出し額制限もかかり、国のお金の価値と信用が下がる一方でした。(ほぼ紙切れ状態)

 

そうした時、ビットコインに資産を移す人が現れます。

 

次第にこれは広がりをみせ、ビットコインの価格は大きく跳ね上がりました

 

最後に極めつけとなったのは、中国の投資家たちが目を付けたことです。

 

これによって、価格は何倍、何十倍、何百倍になりました。

 

現在、中国は仮想通貨に規制が入り、政府も脅威に感じていることがみてとれます。

 

なぜこんなにも価格は上昇したんでしょうか。

 

なぜそれほどの価値をビットコインは秘めているのか、この謎に迫っていきましょう。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ